「鉄道 専門学校」について

将来鉄道の仕事に就きたいという方も結構多いてのではないでしょうか?この鉄道員はその職種も様々で、どの職種になりたいかでその学ぶ方向も違ってくるのではないかと思います。

鉄道会社では、乗務員、車掌、鉄道パーサー、グリーンアテンダントなど様々な方が働いています。このどれをとってもとても重要な職務でそれなりのスキルが必要とされてきますので、それなりの勉強が必要になってきます。さて、このように、鉄道の世界もいろいろな仕事がありますが、現在では、この鉄道員となるための専門学校も多くなってきました。例えば、車掌や駅員になるための養成所なる「鉄道 専門学校」もあります。

例えば、車掌の場合ですが、一般的な駅員を数年勤めた後、車掌への昇進試験を受けて、それに合格して晴れて、車掌になることができます。そして、その後、また数年経験した後、国家試験を受けて、運転手になるという過程を進んでいきます。

この鉄道専門学校ではトラベル科というコースを設けて、将来車掌、運転手を目指すかたに、その基礎的なことや、実践的なことをレクチャーします。その他、客室乗務員を養成するエアライン科などのコースもあります。

将来自分が進む道のコースをその学校で学んでみるのもいいのではないかと思います。


 

鉄道パーサーの説明

鉄道の世界では様々な方が働いています。この鉄道パーサーという職業の方も、ホームなどでく見かける方ではないでしょうか?
この鉄道パーサーですが、JRや私鉄などの鉄道会社で乗客の案内をしたり、発車時の停車時の安全確認を行ったりまた、社内アナウンスや、停電などの緊急事態が発生した時の乗客の誘導など、その職務の範囲も広範囲に及んでいます。

列車などで、旅行する場合、この鉄道パーサーの方を見かける方も結構多いのではないかと思います。また社内アナウンスは必ず聞くと思いますのでこの鉄道パーサーは意外と身近な存在なのかもしれません。

そして鉄道パーサーは、乗客と接する場面が結構多いことに気が付きます。この接客サービスが主なメインとなることが多いことから、乗客に接する態度や話し言葉の使いなど、鉄道パーサーに求められスキルはかなり高度のものとなることもあります。このスキルを磨くためには、やはり、多くの経験が必要になってくるのではないかと思います。

今後もこの鉄道パーサーの果たす役割は、大きくなっていくものと思います。また鉄道パーサーを目指している方もいるかもしれません。そして、私たちもまたこの鉄道パーサーの方にお世話になったりするかもしれません。お客様の目線でサービス、もてなしの精神が必要な業務と思います。「鉄道 専門学校」などで学べるスキルではなく、業務の中でいろいろなお客様と関わることで身に着いていく内容ですね。

グリーンアテンダントの説明


列車で旅行などする方も多いかと思います。この列車でよく目にするのが、グリーンアテンダントの方ではないでしょうか?このグリーンアテンダントとは、普通列車のグリーン車で乗務している方です。このグリーンアテンダントは、車内でのグリーン券の発売や乗り越しの精算、そして飲み物や軽食などの車内販売を行っています。私たちがよく目にしたりお世話になるのが、この飲み物や軽食などの社内販売ではないでしょうか?

列車内では、よく喉が渇いたり、軽食が食べたくなったりすることがあります。そんな時は、この社内販売はとても助かります。このように、鉄道会社では、私たちにとても身近な方が働いていたりします。鉄道といえば、現在では多くの列車が走っています。この列車内ではいろいろいな事が起こります。列車の乗車に間に合わす、切符を購入することができなかった場合、この車内での切符販売はとても助かります。

このように、グリーンアテンダントは列車の中でもとても重要な任務をこなしているのではないかと思います。お客さんとの接触も多く、ここではコミュニケーション能力も必要になってきます。これからもこの、グリーンアテンダントの役割は大きくなってくるかと思います。
「鉄道 専門学校」だけではなく、旅行系の専門学校でも学科、クラスを設けているところも少なくないようです。